加工方法で探す・材料で探す
HOME >  3S活動への取り組み

3S活動とは?

3S活動

3Sとは、「整理」・「整頓」・「清掃」のことを言います。
それぞれの頭文字(S)をとって、3Sと呼ばれており、製造業の世界ではよく使われている言葉です。

整理

要るものと、急がないものと、要らないものに区分して、急がないものは保管し、要らないものは捨てる。

整頓

今要るものが、いつでも、誰にでも、すぐに取り出せるように、定位置・定量・定方向を決め、表示・標識をする。

清掃

ゴミなし、チリなし、ホコリなし、汚れなしのピカピカにする。

3Sの目的とは、「安全で、快適で、効率的な職場を造る」ことにあります。

また、3Sの真の目的とは、「守るべきことを決めて、決めたことを守る」という企業文化(社風)を造ることにあります。

3S活動1
3S活動2
3S活動3

3s活動を始めたきっかけ

父(先代)の時代は、勝手に片付ける、捨てるは御法度で、足元にある材料や製品にけつまずいても片付けることをしないような状態でした。ほとんど動かなくなった材料や部材に関しても、もったいない、またいつか使う、という理由でなかなか捨てずに、大事にとって置くことが常でした。トップの判断を仰がなければモノ一つ捨てることもできない。昔ながらの町工場という感じでした。これでは社員が率先して、整理、整頓、清掃に取り組めるはずもありません。
3S活動前の工場 写真

3S活動前の工場

幸い、大阪には3S活動で日本の最先端をいく中小企業が数社あり、そのような会社の工場見学などを通じて、自社もこのような会社にしていかなければならないといった私の思いが、3S活動を始めることへの原動力になりました。

3S活動4
スタートはしたものの、そんなに簡単に活動が進むはずもありません。
まず、社員たちを巻き込んで進めることの難しさの壁にぶち当たりました。
勝手に社長が3S活動を進めることを決めた・・・ということが根底があるので、
「そこまでする必要があるのか?(そこそこうちは綺麗やで・・・)」「忙しくて活動時間がとれない(目の前にある仕事をそっちのけで、3Sを優先するのか?)」といった、できない・やらない言い訳は多数ありました。
しかし、3S活動に終わり(マンネリ)はないし、効率的な仕事をするために(忙しいからこそ)3Sに取り組む、ということがやっと最近理解できてきたところです。

3S活動の現在の取り組み

3S活動の現在の取り組み1
平成25年3月に志を同じくする3Sグループに加入し、取り組みをスタートさせました。
1社だけでは継続が難しいですが、互いに切磋琢磨しながら行うことにより、忙しいからできないなどの言い訳ができなくなり、外部からの厳しい指摘は自分たちへの甘えを断ち切ります。
今は、3Sグループに参加しているので、いい意味でのライバルたちに囲まれ、いい刺激を受けています。
進め方についても進化しています。
社長がすべて決めて進めるのではなく、社員全員で取り組みます。リーダーを決め、方針を決め、いくつかのグループに分け、それぞれの小グループごとの活動をおこない、全体会議で各グループの発表、それを受けてリーダーがまとめたものを毎月定例でおこなっている3Sグループで自社の発表をおこなう。そういうルーティーンが確立できたことにより、今は日々3S活動が進んでいます。
3S活動の現在の取り組み2

独断で始めたことでしたが、今は社員が率先して取り組んでくれていることが嬉しい限りです。ということは、社員も3Sによる効果を実感しているのだと思います。

現在では、社内を4つの班に分けて、テーマ、目標に沿った活動を行っています。
主な内容は、月1回の班長会議、班活動、全体会議です。
「一人の百歩より百人の一歩」の言葉にもあるように、社員全員を巻き込んだ地道で継続できる取り組みになるように進めております。

3Sの一例

【オペレーター】道具・備品の整頓

3S活動のBefore・After1

道具・備品を形跡管理を用いて5頓しました。

【事務所】配線コードの整頓

3S活動のBefore・After2

机の下でごちゃごちゃになっていたコード類を網に固定し、床に這わないようにしました。

【守口】シンク下の整理・整頓

3S活動のBefore・After3

乱雑に置かれていたものを整理・整頓しました。

【整理場】棚の整頓

3S活動のBefore・After4

棚に置くケースを赤いテープを用いて定位置化しました。

3Sをはじめて変わったこと

3Sを通して、見える効果・見えない効果がたくさんありました。

見える効果としては、やはり工場内が非常にスッキリしたということです。移転当初は、機械やモノが密集し、その間で人が作業をするといった不効率なことをしていました。人間、どんな状況にも慣れるもので、そんな状態から明らかに良くなる方向への改善にも社員からは当初は抵抗がありました。今となっては、以前はどのように仕事をしていたかもわからないぐらい変化しました。来社頂いたお客さまからもお褒めに預かることが多くなっております。
3S活動後の社内の様子1
3S活動後の社内の様子2
新しく入ってくる社員に関しても効果がありました。特に障がい者雇用をする上で、整頓である5頓(定位置、定量、低方向、表示、標識)は、作業をおこなうにあたって分かりやすく、働きやすい職場に繋がっております。既存社員にとっては、当たり前の事でも、新しく入ってきた社員からすれば、見るもの、聞くものすべて初めてで、そのような状態でもモノがあるべき場所等が明らかになっていることは、他の人に聞く時間、教える時間の短縮にも繋がっております。

見えない効果の方が真の3Sになると思います。弊社でも最初は勘違いがありましたが、3Sは単なる「美化活動」ではないということです。「心の3S」という方もいらっしゃいます。工場が綺麗になる、効率的になるというものは基本的な効果です。大事なことはそこで働く人が変化するということだと考えます。「守ることを決めて、決めたことを守る」「気づき力」「感性が高まる」「前向きに取り組む」、すべて人に関しての事ですが、「企業は人なり」と申します。その会社がどのような会社かは、そこで働く人がどのような人かによります。3S活動を通じて、我々がどれだけ人格を磨けるかが、真の3Sの目的だと常々考えております。

これからもエムツープレストは引き続き3S活動に取り組んでいきます。
「安全で、快適で、効率的な職場を造る」「守るべきことを決めて、決めたことを守る」という企業文化(社風)を造るべく、今後も邁進していきます。

3S活動後の社内の様子3
3Sの成果をぜひ見に来てください!工場見学受付中です!
工場見学についてはこちら
トムソン打ち抜き専門工場へのお問い合わせ