加工方法で探す・材料で探す
HOME >  ハーフカット

ハーフカット

両面テープ その他の材料と両面テープを貼り合せたもの

ハーフカット

 

どんな加工ができますか?

離型紙(セパレーター)を切らずに途中で刃物を止め、シート状に製品を仕上げます。
お客様の要望にもより、全抜き(フルカット)の場合も当然ありますが、特に指定がない場合、ハーフカットにすると、一つ一つがバラバラにならないので、数量の管理が容易になります。1シートに○個ついていますといった感じです。あと、お客様が製品を工場のライン上で使用される場合、作業性が絶対条件になると思います。離型紙をめくるといった作業が容易にできるハーフカットは是非ともお勧め致します。

ハーフカットができる機械が決まっておりますので、形状としては450mm×600mm内になります。5mm以上の厚みのある素材は自動機の対応が難しいのと硬質の材料はトムソン刃が素材に入るとともにテープが裂けてしまうおそれがありますので、詳細はご相談ください。

 

特長・アピールポイント

ハーフカットと言えば、木型の精度と機械の高さ精度が重要になります。一昔と比べてトムソン型の製作技術は格段に向上しておりますし、使用する機械に関しても高さ精度で100分台が出ていますので、実際に薄いもので50μの離型紙でのハーフカットの実績があります。製品の形状や素材によっては、箇所によってはうまくレベルがでないものもありますが、木型のバランスの調整などで最終的な精度を保っております。

精度は?

トムソン打ち抜き専門工場では、木型のバランスや機械のバランスの調整に独自の工夫・ノウハウを持っています。
そのため、精度としては、高さ 3/100mm までの精度を出すことが可能です。

対応可能なサイズは?

大型の機械を持っているため、対応可能な最大の大きさは、450mm×600mmです。

作業を行う上で注意している点は?

離型紙は切らずに製品は確実に切れているといった基本的な点に気をつけています。新しい木型は刃物がベースに落ち着くまで切れが不安定で、それまで切れていたものが途中で切れていなかったりします。逆にたくさん使用した木型は刃先の摩耗により切れにくくなりますので注意が必要です。

 

 

ハーフカットで作成した最新の実績

012f1fcdda18f7c2300056641b60d2ad16399578c0

NO.251 ポロン打ち抜き

使用した材料:ポロン(PORON)  両面テープ  発泡品  SR-U-40P 1t 日東5000NS
使用した機械:ラミネート機  汎用裁断機  自動テーブル裁断機 


FullSizeRender (1)

NO.248 両面テープ打ち抜き

使用した材料:両面テープ  日東5000NS
使用した機械:ラミネート機  断裁機  自動テーブル裁断機 


IMG_4156

NO.247 CRスポンジ打ち抜き

使用した材料:CRスポンジ  両面テープ  発泡品  25° 恵比寿#608
使用した機械:汎用裁断機  自動テーブル裁断機 


F3CCF897-B171-433A-9C05-B3BD6EA894A6

NO.246 両面テープ打ち抜き

使用した材料:両面テープ  寺岡NO.7840
使用した機械:汎用裁断機  自動テーブル裁断機 


IMG_3949

NO.242 ゴムスポンジ打ち抜き

使用した材料:CRスポンジ  両面テープ  発泡品  Cー4305 3t 日東501L
使用した機械:汎用裁断機  自動テーブル裁断機 


もっと見る

トムソン打ち抜き専門工場へのお問い合わせ