加工方法で探す・材料で探す
HOME >  トムソン加工とは?

トムソン加工とはどういったものですか?

トムソン型(木型)を用いて、あらゆる素材を打ち抜く(プレス)加工です。 トムソン型とは、ベースであるベニヤ板や樹脂板にレーザーで溝加工を施し、その溝と同じ形状に曲げた鋼の刃物(トムソン刃)を埋め込んだ型です。最近では、レーザー加工機や自動刃曲げ機をCADにより制御することが可能になり、これまでよりも高精度の型の作成が可能になりました。 また、金型に比べてコストが低く、製作日数も短いため、打ち抜き加工の分野では、試作~量産まで幅広く使用されています。そのほか、継ぎ目がなく、精度が高いピナクル型(鋼を溶かし、刃物をシャーピングさせた腐食刃による型)や彫刻刃(マシニング機を用いて造った型)など、木型では加工困難な細かな形状や、継ぎ目を嫌う材料や薄い製品については、こちらが適しており、木型との複合型なども製作可能になっております。

 

トムソン加工でできること・できないこと

はさみやカッターナイフなどで切ることが出来る比較的軟質な素材の加工に適しております。フィルムやシート、ゴムパッキンなど工業用部品、電子部品、自動車部品などの打ち抜きに幅広く利用されています。 大量に生産されるものが海外にシフトする中で、多品種小ロットに向いている低コストで短納期の加工に向いています。

硬質の樹脂板(厚み1mm以上)や金属の加工(金属箔なら可)

アニメのキャラクターなど

トムソン加工の工程

打ち抜き加工をする機械に適したワークサイズに材料を大断ちしていきます。この前後で複数の素材を貼り合わせや、両面テープの貼り合わせなども行います。

前工程で切りそろえた材料を機械で打ち抜き加工を行います。素材や製品の形状、仕上げ方法に応じて、加工する機械を選定します。トムソン型(木型)もこの段階で機械に設置して使用します。単純な打ち抜きに留まらず、製品により細幅の両面テープを貼りながら位置を狙って打ち抜き加工をしたり、複数工程を経て部分的にテープを貼るような複雑な2次加工も致します。

打ち抜き加工が終わったものの不要な部分を取り除いたり(カス取り)、組立・アッセンブリなどを行い、最終製品を一定数量を袋詰めをして、納品致します。検査もこの段階で行い、不良品の流出を防ぎます。

エムツープレストだからできる

単純な一度の打ち抜きだけの加工だけではなく、1回目テープを抜いて不要な部分を取り除き、そこにもう一つの素材を貼り合わせた上で、2回目の打ち抜きをピン穴などを頼りに位置決めして打ち抜いたりします。そのことにより、部分的にテープが貼られていたり、貼り合わせた素材の表面と裏面とで異なる形状の製品を加工することが可能になります。(あとはその工程を組み合わせるとアイデア次第でかなり複雑な加工も出来ます)

 

トムソン打ち抜き専門工場へのお問い合わせ