加工方法で探す・材料で探す
HOME >  紙管切込加工

紙管切込加工

 

どんな加工ができますか?

シャフトや保護材などに使用されています。相手物の形状にそわすために筒状の紙管に対して切込や穴あけや背割りなどの加工を施します。

 

特長・アピールポイント

紙管屋さんは紙管を作ることは得意でも、紙管に対してこういう加工が出来るところは少ないようで、大変喜んでいただいています。

必ず型や治具が必要ですが、トムソン型以外は社内で製作しています。

対応可能な厚さ・サイズは?

紙管の肉厚は3mmぐらいまででしたら対応可能です。また背割りですと長さは100mm以内となります。両端部の切込のみでしたら、紙管の長さの制限は特にありません。

 

 

トムソン打ち抜き専門工場へのお問い合わせ